上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「就活」 
ケロロ丸が学生の頃には、あまり聞かなかった言葉です。地元K大の
同じ研究室の輩は、新聞記者か教師と、相場が決まっていましたから。

 京都に住む長女(大3)が、その「就活」を始める時期になりました。
専攻は法律ですが、関心ある分野が何なのかは、ケロロ丸にもよく判りません。

 「子供が生まれても 続けられる仕事を」と、
周囲からよくアドバイスをいただくそうです。
そうだな、と思います。 でも、そうかな、とも思います。

 子育ては半端な仕事ではありません。
運よく保育所や母親(姑)の手助けを、受けられたなら、
それはそれで仕事を続行するのも、一つの選択です。
 でも、夫の転勤などで、一箇所に住む事が困難だったり、
あるいは人生のその時期、子育てに専念したいと思うなら
仕事を中断することも一つの選択なのでは
とケロロ丸は思うのです。
 
 要は、仕事から離れた時期にも、
自身が鈍らないよう、磨き続けること・・・
これって きれいごとかなあ?

 でも、子育てを侮るべからず
子育ての中でしか発見できない素敵なことって
いっぱいあると思うのですよ。

 むしろ「続けていなければ置いてけぼりにされる」、
そんな社会こそ、問題ではないでしょうか?
 子育てという人生の大変な「研修期間」を経て
再度、職場に戻れる環境
 をこそ、ケロロ丸は求めます。
 勿論、大変な努力を要することではありますが
本人の覚悟と周囲の理解があれば、決して不可能なことではないと思います。

 みなさんは、どうお考えですか?



 
スポンサーサイト
 

プロフィール

ケロロ丸

Author:ケロロ丸
◆ケロロ丸(♀)◆福岡県在住◆遠方の心の夫1、京都在住の長女、売れない絵描きの息子、バイク大好き介護福祉士次女◆職業は予備校講師の傍ら立ち上げたケロロ塾の塾長(通算28年目)、登録販売者、同行援護介護者、消費生活専門相談員◆嗜好:動物、ミスチル、チャゲアス、役所広司、内野聖陽、香川照之、筑紫哲也(故人)、三島由紀夫、辺見庸、宝ドライ缶チューハイ、ケロロ軍曹、文筆活動、作画、音楽、映画◆苦手なもの:祭り、人ごみ、甘い物

 
 
 
 
 
 

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。